6 mins read

pipiki_laboratory

pipiki_laboratory
からだの宇宙研究所 pipiki
所長の植田良太氏、初セッションに寄せて。


機が熟し
不思議なほど「今だ」という感覚。

身体の宇宙研究所 pipikiのある、綾部『pipiki養生園 / 安居』は
私の住む大原から片道2時間ちょっと。旅です。

亀岡や京丹後など魅力的なところをたくさん通過して、遠くても来てしまう
理由がわかるほど居心地が良くて素敵な場所。

所長のことは所長になるずっと昔から知ってる。
同時期にお互い第一子を授かって
ほぼ同じ時期に西陣のエリアから里山へ転出。

我が家は大原へ、所長一家は綾部へ。
その暮らしぶりがインスタグラムから伝わってきて
ますます親近感と興味高まっていたタイミング。
共通の友人作家作のキッチンがツボな気楽さで
古い家が好きな私は本当に心躍ります。
雑貨バイヤーだった奥様えりさんの揃えた暮らしの道具に包まれた住まいは絵に描いたように愛らしい。
(農家民宿をされているのでお泊まりも可能です)


念願のその時。マンツーマンのセッション。
音楽演奏してるところしかほとんど知らなかった所長に受けるセッション。
そうか、私の準備が必要だったのか、と気づく。
少し緊張感。
まずは他の部屋で自分を整えている様子が伝わってきて、その時点でなんかいいな、と直感した。

そのあとまずヒアリング。
毎回なんでもそうなんだけど、基本好奇心が1番の機動力だから、何か気になるところは?とか聞かれるといつも困る。
なくはないんだけど、そんなに気にしてないんだよな〜みたいな。
それでも要素として、膝が悪くなったことがある。きっかけは山登りの降りる道で。
ひどくなってあらゆる周囲の助言や紹介により、鍼灸院、カイロ、西洋医学、アレクサンダーテクニークと続いて、最終的に整体の先生に通って回復への道がひらけた。
あとは疲れた時に出る鈍痛。そして気にしてなかったけど足の裏の土踏まずのこと。
上がりすぎているという。
それでなんとなくセッションの方向性が定まって、いざ始まった。(続きは後編へ)

Chaos / Cosmos ( pipiki 2)

コメントを残す

Your email address will not be published.

Latest from Blog

Nannan?

台所に立ち 野菜を洗う包丁で切るじゃがいもを蒸す油で揚げるほうれん草を茹でる あらゆる動作の中にわたしと野菜が関わりあう。そして感じる世界。 ふわりと浮かぶお料理と関係ないようなヒラメキにピンとくる腑

maka

ふとした時。makaさんの香りを手首にそっと付け、掌同士をやさしく擦り合わせます。掌同士がふわっと暖かくなったらその掌を蕾のように膨らませ、親指とひとさし指の隙間から香りを吸い込むように鼻を近づけて。

Current status of homeopathy in Japan

ホメオパシーについて、個人的経験談と身近な日本で感じることを記事に書かせていただきました。https://kurashino.org/2022/11/16/classical-homeopathy/

KYOTO -Life with joy of four seasons 365DAYS

2022年10月21日「京都 季節を楽しむ暮らしごと365日」が発売になりました。 関わる書籍が発売されることは毎年何度もあるしあわせな経験で、丸ごと関わるからこその醍醐味というか達成感があって本棚は

Classical Homeopathy

クラシカルホメオパシー 京都の菜食料理のお店で開催された「ホメオパシー基礎講座」に参加させてもらったのは子どもが誕生して間もない頃。2014年頃だったと思います。早くに出産を経験した親しい仲間からはた