5 mins read

About

写真家として全国各地、また時には海外へも出向く日々の中で、たくさんの素晴らしい場所や人や活動に出逢わせてもらって、導かれるかのように健やかな暮らしへの興味が高まっていった1998-2021。
2014よりスタートした自宅兼事務所を解放しての環の市(KANNOICHI)。
また長男の難病と向き合う中で深く目覚めていった自然療法へのアプローチをシェアしていく講座やオーガニックな八百屋さんでの菜食料理教室の企画。
そして目に見えないウイルスの世界的蔓延によってもたらされた新しい暮らし。
背中を押されるように、2020から本格的にスタートした自然療法の講座や母と子のこころ育ちのお話会など、写真家としての活動と並行して、わたしの周りの素晴らしい方をお招きしてたくさんの個人的非営利な活動を行ってきました。
すべては、内なる声に耳を傾けて愛の中に生きること、
未来の光である子どもたちの可能性を遮らない大人でいられるように。
また、できるからこそついついやってしまう様な
内でも外でも懸命に仕事するひとの癒しや閃きの扉を集めたプラットフォームとして。


どこに向かっているのか
日々わたしも導かれるままに
素直なこころで
手繰り寄せながら
できるかぎり閉ざしつつ反転して
開く世界と繋がっていこうと思います。

巡り合っていただいた皆さんとご一緒に
今を
軽やかに軽やかに味わって満喫して生きましょう

わたしは
魂の喜ぶことをします。


みんなそれぞれ違う、唯一の存在。
感じることも変化や反応も様々だと思います。
ここには個人のわたしが触れて受け取った世界の叡智を、わたしの言葉で綴ります。
もしもそれが、
距離にかかわらず世界の
愛おしい母や父や子どもや友の、何かきっかけになる様なことがあればこんなに幸せなことはありません。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Latest from Blog

Current status of homeopathy in Japan

ホメオパシーについて、個人的経験談と身近な日本で感じることを記事に書かせていただきました。https://kurashino.org/2022/11/16/classical-homeopathy/

KYOTO -Life with joy of four seasons 365DAYS

2022年10月21日「京都 季節を楽しむ暮らしごと365日」が発売になりました。 関わる書籍が発売されることは毎年何度もあるしあわせな経験で、丸ごと関わるからこその醍醐味というか達成感があって本棚は

Classical Homeopathy

クラシカルホメオパシー 京都の菜食料理のお店で開催された「ホメオパシー基礎講座」に参加させてもらったのは子どもが誕生して間もない頃。2014年頃だったと思います。早くに出産を経験した親しい仲間からはた

Stars, Plants, and Us

星と植物とわたしたち それは最も純粋な行為。 祈りの表現としての花曼荼羅インドのバクティヨーガKirtan(キールタン)その時の星のキーワードからインスピレーションを得て作られるお料理西洋占星術(星詠

AWAKENING

この宇宙に存在し、私がこのサイトを開くこと。世界にある小さな点が繋がり、ひとりの小さな扉になること。すべては、素晴らしい宇宙のはからい。 今ある流れに沿うて導かれる行方を共に楽しめますように。 生まれ