/
7 mins read

grow wings, flap

3人の妖精のようなひとたちが
だいたいひと月に一度、毎回その時にいいと思うものを相談して
こころも身体も魂までも緩んで安心するような
奇跡のような時間を提案している

『からだの日』

これと決まっていることがあるとしたら
足湯。
そのきちんとした理論に基づく足湯の方法は、驚くほどあっという間に終わってしまう。
もっと浸っていたいと思う気持ちと、
その短い時間で湯船に浸かっているようなふわふわ感がしばらく体験できる驚き。しあわせ。
そして簡単だよ、って教えてくれている。

他にもその時々で
その時期に寄り添う呼吸法(気功)、ホルメ(温灸)、スパイスを使った焼き菓子や季節のハーブティなど
気になったものを自由に選んで体験してみることができます。
心地よいからまたしたくなる。心地よいから立ち止まって体験を味わうことができる。
夢中。
その体験を通して自分の ” こころとからだ ” に意識を向ける。自分の心地よさってこんな感じなんだ、と気づく。
こういう行為が暮らしに寄り添うことで、未病を防ぐような自分を診る指針になるはず、と。


自分のからだへの感謝祭のようでもあり
祈りの神事のようでもあり
幼少期に戻って羽を広げた楽園のようでも。


心美しい人たちによるケア。

そしていただける軽い食事は
なんて言うんだろう。
愛のカタチ。魔法です。
愛そのまんま。
愛おしい気持ちが湧いてきます。

暖かく迎えられ、あなたもワタシも上下がなくてフラット。
美しい空間と空気。風と風景。
心地よさを一緒にどうぞ。と
潔く、柔らかで透明な意識で在る、揺るぎない存在感が大木の様。



その3人は

花辺喫茶部。
のどかな山の麓にオープンした天使のお店。山根聡子さん
maka。
調香とハーブティ。時々気功も教えてくれる、青木幸枝さん。
sua。
二条城の近くでサロンを営む、わたしのかかりつけ医。大谷百世さん。

みんな心地良さを知ってるひと。

可愛い3人に揃って会えるのはこの日だけ。
行けば行くほどにまた行きたい。この活動は光。

気になる方に届くことを願っています。


2022年11月の開催は19日土曜日。

詳しくはmakaさんのインスタグラムなどでチェックしてみてください。
@makaherb
@sua_momoyo
@hanabekissa
@hanabe_kyoto

コメントを残す

Your email address will not be published.

Latest from Blog

Current status of homeopathy in Japan

ホメオパシーについて、個人的経験談と身近な日本で感じることを記事に書かせていただきました。https://kurashino.org/2022/11/16/classical-homeopathy/

KYOTO -Life with joy of four seasons 365DAYS

2022年10月21日「京都 季節を楽しむ暮らしごと365日」が発売になりました。 関わる書籍が発売されることは毎年何度もあるしあわせな経験で、丸ごと関わるからこその醍醐味というか達成感があって本棚は

Classical Homeopathy

クラシカルホメオパシー 京都の菜食料理のお店で開催された「ホメオパシー基礎講座」に参加させてもらったのは子どもが誕生して間もない頃。2014年頃だったと思います。早くに出産を経験した親しい仲間からはた

Stars, Plants, and Us

星と植物とわたしたち それは最も純粋な行為。 祈りの表現としての花曼荼羅インドのバクティヨーガKirtan(キールタン)その時の星のキーワードからインスピレーションを得て作られるお料理西洋占星術(星詠

AWAKENING

この宇宙に存在し、私がこのサイトを開くこと。世界にある小さな点が繋がり、ひとりの小さな扉になること。すべては、素晴らしい宇宙のはからい。 今ある流れに沿うて導かれる行方を共に楽しめますように。 生まれ