/
2 mins read

lightness

普段街に暮らしていると

地球に暮らしていること
宇宙の一部だということ
自然に生かされているということを忘れがちだと感じる。

恐怖を感じるほどの雨に打たれたり
身に染みるほどの風の音
美しい以上に荘厳な鳥の声

世界は思った以上に変化に満ちていて
自然は想像以上に過酷な側面も

知識の中で生きようとしない
今のリアルを自分の心で感じて響き合うこと



大自然の中で
テントのような小さな空間に
身を寄せ合い共に過ごしていると
家の存在が際立ってきて
外との境界線が見えてくる
その代わりに
わたしは世界に手を伸ばしていて
家の内と外に私が行き交う

家という輪郭
暮らしというイメージ

街に住んでいると
どこも変わりがないから
内側が油断する

動物としての緊張感や
本能を磨いて生きたい

コメントを残す

Your email address will not be published.

Latest from Blog

The low of nature 01

***************************************** 「マンゴー、まだ小さいよ〜見てみる?どうぞ」 農園で見せてもらったマンゴーの木にはとてもちいさな花芽が出ている頃だっ

AWAKENING

****************************************************************************************************

Ishigaki days 01

トレーラーハウスに滞在数日め。 電気と水道は通っていてマンゴー農園のハウスのある敷地に併設されている。お風呂はお世話になっているマンゴー農園のけんきちさんファミリーにお借りしたり。 暮らすのに困らない

Stories behind a Food

毎年楽しみにしている果実。季節の恵みであると同時に造り手の愛と手間暇の結晶である。 石垣島から届く今年のマンゴーは春に小さな花芽をつけていたあのマンゴー 受け取るこちらも思いがひとしおだったちょうど縦

The law of nature 02

2021年春。 石垣島を訪ねた。そこで感じたこと。受け取った宇宙のはからいについて。 *********************************************************