サイトに登録して暫くすると、セフレ希望の女性からメールが届いたのです。
凄いなって素直に思ってしまいました。
こういうサービスを利用している女性だから、かなり積極性を見せているのが分かって物凄いドキドキした気分になっていきました。
こういう女性だからすぐにアポを取ることもできて、早めのラブホテルでの性行為を満喫することができるなんて気持ちになってしまいました。
もちろんすぐさま返信を書き、相手とのやりとりをスタートさせていったのです。
相手側もかなり積極的な様子で、エッチな話題にも食いついてくれます。
見知らぬ女性とエッチな会話をするというのは、男にとっても楽しいものになりますから話がどんどん弾んで行きました。
頻繁なメール交換を続けることのできて、相手もかなりの力なのが手に取るように分りました。
このままだったら大した時間を使うこともなくセックスができるな、そう思って彼女の気持ちを自分に持っていくためにさらにメール交換を進めていく事にしたのです。
メールを出せば早めの返信が返ってくるし、かなりの手応えを感じていました。
こっちのエッチな話題にもしっかりと食いついてくれるあたり、かなりスケベな女に違いはないと判断。
会ったらとんでもないセックスが展開されるに違いないと思えてしかたがありませんでした。
そろそろ頃合もいいだろうと思って、アポの話を出してみたのですが、もう少し心の整理がつくまで待って欲しいと言われました。
それでもほとんどこちらに心が傾いているのが分かっていましたから、このままやりとりを続けることでラブホテルでの関係を間違いなく作れるだろうと思いました。
しかし、相手の気持ちがなかなか固まらず、思いのほかメール交換は続けることになってしまったのです。
もうそろそろいいだろうと思っても、あと少し待って欲しいという返事でした。